ムシャクシャするのでスパムコメントを翻訳してみた。(テキトーです)

  • 2020年2月15日
  • 雑記
  • 271View
  • 0件

ブログ運営者はよくご存じでしょうが、どんなウェブサイトにもスパムというものは流入してきます。コメント欄を設けている場合、大抵いかがわしいサイトのアドレスとともに変なコメントが書きこまれています。物によっては文法が壊滅的で支離滅裂な文章になっているものがありますが、今回は内容がわかるものをご紹介します。

久々の更新がくだらない記事で申し訳ない……。誰得なんだ、コレ。

 

マイクロチップ社会は既に預言されていた?

翻訳はテキトー。多分所々翻訳ミスあります。聖書パート間違ってたらゴメンナサイ。私日英を問わず聖書読んだことないのでね、解釈がおかしいところあると思います。怒らないでね。あと途中から雑になってるけど気にしないで。こういう時英文学科に行っときゃ良かったとつくづく実感する^^;

Hi there! I want to share with you a very important message going around the internet.

やあこんにちは!ネットに蔓延するある重要なメッセージについて意見を頂戴させてください。

Would you allow your government to place a microchip in your body?

あなたは身体にマイクロチップを埋め込むのに賛成しますか?

This is the future we are heading towards with RFID microchip technology.

これはRFID技術とともに我々が迎えつつある未来の話です。

Even more news worthy, did you hear there was a man almost 2000 years ago who foretold of a cashless society in the last days? His name is Jesus.

こちらはずっと耳寄りな話ですが、2000年前、「後世キャッシュレス社会が発展する」と予言した男性がいたという話は耳にしたでしょうか。彼の名はジーザス(イエス・キリスト)。

Did you know that this RFID chip matches perfectly with the Mark of the Beast in Revelation 13:16-18?

このRFIDチップが新約聖書に書かれている「獣の紋章」と全く同じであることを知っていましたか?

※RFIDとは要するに情報を読み書きするチップの一種。

“He(the false prophet) causes all, both small and great, rich and poor, free and slave, to receive a mark on their right hand or on their foreheads, and that no one may buy or sell except one who has the mark or the name of the beast, or the number of his name.

“彼の者(偽予言者)は全ての者に、小さきも大きしも、貧しきも富まれるも、自由も隷属も問わず、右手ないしは額に印を授け、印を持たぬものは商いをしてはならぬとした。”

Here is wisdom. Let him who has understanding calculate the number of the beast, for it is the number of a man: His number is 666” (Revelation 13:16-18).

“ここに叡智が生まれた。獣の数を数えられるようにしたあげたのである。それがすなわち彼の(人間?)数であるから。彼の番号は666だ。”(新約聖書13章)

Referring to the end times, this could only be speaking of a cashless money society,
which we have yet to see, but are heading towards.

終末に言及しているが、これは我々がまだ見ぬ、しかし確実に近づいているキャッシュレス社会のことのみを言っているのではないか。

Otherwise we could still buy or sell without the mark among others if physical money was still currency.

そうでなければ、未だ現金が通貨であっても「印」なしで売り買いができるのではないか。

This mark could not be spiritual, because the word references two distinct physical locations on the body. If it was spiritual, it would just say in the forehead.

この印とは精神的なものであるはずがない。その言葉自体が身体の2カ所をはっきりと示しているからだ。もし精神的なものであるならば、たんに“額に”とすればよい。

Carl Sanders attended seventeen New World Order meetings with heads-of-state officials such as Henry Kissinger and Bob Gates of the C.I.A. to discuss plans on how to bring forth this one-world system.

カール・サンダースは政府高官達を引き連れ新世界秩序会議に参加。いかにしてこの「世界を一つにする」システムを構築していくか、議論を交わしたのである。

The government commissioned Mr. Sanders to design a microchip for identifying and controlling the peoples of the world-a microchip that could be placed under the skin with a hypodermic needle(a fast, convenient process that would be gradually accepted by society).

政府はサンダース氏をマイクロチップ設計者に任命、マイクロチップ社会における人々の識別・掌握を目指した。

Mr. Sanders, along with a team of engineers behind him, with US grant monies supplied by US tax dollars, took on this project and designed a microchip that is powered by a lithium battery, rechargeable through the temperature changes in our skin. Without having knowledge of the Bible(Brother Sanders was not a believer at the time), these engineers spent one-and-a-half-million dollars doing research on the best and most convenient place to have the microchip placed under the skin.

サンダース氏はエンジニアチームを従え、税収からなる助成金を元手にプロジェクトに着手、リチウムバッテリー駆動のマイクロチップを開発。これは皮膚の温度変化により充電可能な仕様である。
聖書の知識がなければ(サンダースは当時信者ではなかったが)、エンジニアたちは150万ドルかけて最適な箇所を探さなければならなかっただろう。

These researchers found that the forehead and the back of the hand(the two spots Revelation says the mark will go) are not only the most convenient locations, but are also the only viable locations for rapid, consistent temperature fluctuations in the skin to recharge the lithium battery. The RFID chip is approximately seven millimeters in length, .75 millimeters in diameter, about the size of a grain of rice. It is capable of containing pages of information about you. All your general history, work history, crime record, health history, and financial data can be stored on this chip.

研究者たちは額と手の甲(聖書で印が宿るとされた2カ所)が最適なだけでなく、急速かつ安定した皮膚の温度変化で充電できる唯一の箇所だということを突き止めた。
RFIDチップは幅およそ7mm、直径7.5mmで米粒大である。個人情報の保持が可能で、略歴・職歴・前科・病歴、財政データを蓄積できる。

Carl Sanders believes that this chip, which he regretfully helped engineer, is the “mark” spoken about in Revelation 13:16-18. The original Greek word for “mark” is “charagma,” which means a “scratch or etching.” It is also interesting to note that the number 666 is actually a word in the original Greek. The word is “chi xi stigma,” with the last part, “stigma,” also meaning “to stick or prick. Carl believes this is referring to the use of a hypodermic needle being poked into the human flesh to insert the microchip.”

サンダースはこのチップこそが聖書にある“例の印”だとしている。
古代ギリシャ語で“mark”は“
charagma”、すなわち「傷・エッチング」のことである。
番号666は実は古代ギリシャ語の単語であるというのも興味深い。
その言葉とは“chi xi stigma”であり、最後の“stigma”は「突く・刺す」を意味する。サンダースはこれがまさに、人間の肉体に刺してチップを埋め込むために注射針を使うことだと主張している。

Carl Sanders reached out to a doctor asking what would happen if the lithium contained within the RFID microchip leaked into the body. The doctor responded by saying a terrible sore would appear in that spot. This is what the book of Revelation has to say:

サンダースはRFIDチップに含まれるリチウムが体内に漏れだすとどうなるのか医師に尋ねた。医師曰く、「その部位に激痛が走る」と。

聖書にはこういう記述がある。

“And the first(Angel) went, and poured out his vial on the earth; and there fell a noisome and grievous sore on the men which had the mark of the beast, and on them which worshipped his image” (Revelation 16:2).

“そして天使が去り、ガラス瓶から溢れ、獣の印をもつ者を酷い痛みが襲う。そしてそれは偶像崇拝をしていた者たちにも。”

The Bible tells us we cannot buy or sell without the mark of the beast, or the number of its name. This number is identified as 666. The Bible tells us to calculate the number 666.

聖書は印や番号なしに売買をしてはならないと告げている。この番号こそ666。聖書は666という番号を理解するよう求めているのだ。

In this world we are identified by numbers, whether it is our social security number, drivers license, or cards used to make payments. The number of the beast represents something like this, to identify us in a one world government system. This number will be stored within the chip to identify us so we may buy or sell.

この世界では我々は番号によって識別される。それが社会保障番号であろうと、運転免許証であろうと、クレジットカードであろうと。
世界統一政府システムにおいて我々を識別するべく、獣の数はそのようなことを示しているのだ。

To see the hidden meaning behind calculating the number 666(6+6+6=18), and how it lines up with scipture perfectly,

Go to: https://biblefreedom.com/rfid-mark-revealed

The Bible warns us in the last days that a false prophet will rise up doing miracles to deceive many to receive this mark. At all cost, do not take it!

後世の我々に偽の予言は奇跡を持って人々を騙し、この印を受け入れさせるためになされるものである、と聖書は我々に警告している。何があろうと、受け取ってはならない!

“Then a third angel followed them, saying with a loud voice, “If anyone worships the beast and his image, and receives his mark on his forehead or on his hand, he himself shall also drink of the wine of the wrath of God, which is poured out full strength into the cup of His indignation. He shall be tormented with fire and brimstone in the presence of the holy angels and in the presence of the Lamb. And the smoke of their torment ascends forever and ever; and they have no rest day or night, who worship the beast and his image, and whoever receives the mark of his name” (Revelation 14:9-11).

“それから第三の天使が現われ、こう叫んだ。「あの獣と偶像を崇拝し、額か右手に印をもつ者がいるのであれば、汝は憤怒の杯からあふれ出た神罰のワインを飲まねばならない。神聖天使並びにキリストの御前で、地獄の業火に焼かれるのだ。責め苦の煙は空高く舞い上がり、獣や偶像崇拝する者、彼の名を刻みし者は皆、許しの日を与えられることはない。」(新約聖書14章)”

With all these religions in the world, how can we be so sure the Bible got it right? The scientific data has established and continues to support that the universe once had a beginning in which space, time and matter were created. This is known as the big bang.

世界に宗教は数あれど、聖書が正しいとどうしてここまで確信できるのでしょうか?

科学データが確立し、支持し続けているのは、宇宙はかつて始まりがあり、空間・時間・物質がそこで生まれたのだということ。ビッグ・バンとしても知られている。

“The non-biblical religions tell us that god or god’s create within space and time that eternally exist. The Bible stands alone and says that time and space don’t exist until God creates the universe.” – Hugh Ross

“聖書に依らない宗教では、神または神の創造物は永久に存在する空間と時の中にあるとされる。聖書では神が宇宙を創造して初めて時空が生まれたとされている。”(ヒュー・ロス)

Did you hear that the real Noah’s Ark was discovered where the Bible told us it would be with the correct dimensions? As well as hard evidence for the destruction of Sodom Gomorrah and the Exodus account of the Red Sea crossing?

実際にノアの箱舟が正しい次元とともにあるとされる場所で発見されたのをご存知ですか?ゾドム滅亡とエクソダスの証言の有力な証拠でもあると思いませんか?

The Bible is the most translated and read book in the history of the world, full of predictive prophecies. Wouldn’t you expect God’s word to be so?

聖書は歴史上、最も翻訳され多く読まれた本です。予兆となるような預言に事欠きません。神のお告げもそうだとは思えませんか?

This information can all be found at https://biblefreedom.com

“And He(Jesus) said to me(Apostle John), “It is done! I am the Alpha and the Omega, the Beginning and the End. I will give of the fountain of the water of life freely to him who thirsts” (Revelation 21:6).

“そして神は私にこう告げた。「(こんなことは)もう終わりだ!私はアルファでありオメガ、始まりと終わりである。渇く者には生命の水をくれてやろう。」(新約聖書21章)”

“Jesus answered and said to her, “Whoever drinks of this water will thirst again, but whoever drinks of the water(the Holy Spirit) that I shall give him will never thirst. But the water that I shall give him will become in him a fountain of water springing up into everlasting life” (John 4:13-14).

“キリストは彼女に応えこう告げた。「この水を飲んだものは再び渇くことになろう、だが、あの水(聖霊)を飲む者は決して渇くことはない。その水だけが沸き上がる泉となり、永遠の生命へとつながるのだ。”

“Jesus answered, “Most assuredly, I say to you, unless one is born of water and the Spirit, he cannot enter the kingdom of God. That which is born of the flesh is flesh, and that which is born of the Spirit is spirit. Do not marvel that I said to you, ‘You must be born again.’ (John 3:5-6).

“キリストは応えた。「水と魂から生まれえぬ者は、神の国へ入ることあたはず。自信を持って言おう。肉から生まれるものは肉、魂から生まれるものは魂である。驚かれるな、汝は生まれ変わるのだ。」

All religion is man-made. Man can create religion, but no one can create the Holy Spirit that comes from God out of Heaven. Jesus never told us to follow a religion or denomination:

宗教は人によって生み出されたもの。人は宗教を生み出すことはできるが、何人たりとも天上におはします神の、神聖なる魂は作り出せない。キリストは宗教や教派に従うな、とは仰らなかった。

“Then He(Jesus) said to them all, “If anyone desires to come after Me, let him deny himself, and take up his cross daily, and follow Me” (Luke 9:23).

“それからキリストは皆に告げた。「私についていきたい者がいるなら、己を否定し、cross dailyを始め、そうした上で私に従いなさい。」”

※cross dailyとは、邪心や煩悩を払うこと、らしい。

You can receive the Spirit of God right now. If you are willing to humble yourself before the Lord, and believe in your heart that God raised Him from the dead on the third day; call out to God and ask Him to forgive your sins, to receive His Holy Spirit. If you are genuine, He is faithful and just to forgive, and He will give you a new heart, a renewing of the mind, restoring everything the devil has stolen from you; making you like a child again.

いますぐにでも神の御心を享受することは可能です。神の御前で慎みを持つことを厭わず、心の中で神が汝を蘇らせてくれたのだと信じ、罪を許してもらうよう懇願し、神聖なる魂を手にするのです。

その気持ちが真であるなら、許しが与えられ、心を清め、悪魔が奪っていったものを全て元通りにしてくれるでしょう。また子供に戻ったような感じになるのです。

When we receive the Spirit of God, we become born from above, and His seed resides within us. We no longer make a practice of sin, but rather turn away from unrighteousness and receive the righteousness of Christ.

神の御心を賜りし時、我々は天より生まれ落ち、神の種が内に宿っているのです。もはや罪からは解き放たれ、悪徳を憂いキリストの高潔さを享受するのです。

From that point onward, we must put all our hope and trust in Jesus, and grow to walk in His ways, not straying from the narrow path. For Jesus says,

そこから先は、神に希望と信仰を託し、路を外れずに、神の示した道を歩いていくのです。

神はこう仰います。

“Enter by the narrow gate; for wide is the gate and broad is the way that leads to destruction, and there are many who go in by it. Because narrow is the gate and difficult is the way which leads to life, and there are few who find it” (Matthew 7:13-14).

“狭き門から入りなさい。破滅に至る門は広く大きく、そこを通るものは多い。狭き門は命につながる小さき道で、それに気づくものはほとんどいない。”

“Holy, holy, holy, Lord God Almighty(One God), Who was(Jesus) and is(YHWH) and is to come(Jesus)!” (Revelation 4:8).

”聖なる、聖なる、聖なるかな全能なる神たる主よ、キリストだったもの、YHWHであるもの、そしてキリストであるものよ、来たれ!”

↑何だコレは。自分で書いててワケわかんねえわ……。

まとめ

紛うことなきスパムコメなんですけど、内容は普通に興味深いというか、私たちにも関わってくるような話題ですねえ。

まあ途中から聖書の正当性の話になってますけど。

外国の意識高い系の人たちがバラまいてるんですかね?といっても信者のよくある与太話なんでしょうけど(一個人の意見です)。昔からこの手合いのオカルトが好きな人が多いですね(一個人の意見です)。

書き終えて思った、聖書は普通に引用すればよかっただろうか。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。