フィギュアの不良品を交換!メールの書き方&基準 【グッドスマイルカンパニー編】

楽しみにしていたフィギュアがよく見ると不良品だった…。その悲しみ、わかります。

 

私のように運が悪いと連続で不良品にあたることもあります(経験談)。

 

そこで今回は実体験を踏まえてグッドスマイルカンパニーさんで交換依頼をするためのメールの書き方をご紹介します。

 

!!CAUTION!!
万一交換に応じてもらえなくても、当サイトは一切の責任を負いません。交換依頼は自己責任でお願いします。

 

フィギュアにおける不良品の基準

依頼メールを書く前にここが気になる方は大勢いらっしゃると思います。

 

一般的に言われているのはデコマス、即ち彩色見本や完成見本と比較して不備がある個体を不具合品や不良品と呼びます。

 

デコマスと見比べて明らかに差異があるとか、傷や彩色ムラが散見される場合等が当てはまります。

とはいっても、「この程度で依頼していいんだろうか…」と不安になられる方もきっといるはず。

よくある初期不良

では、フィギュアの初期不良とは具体的にどんなものがあるでしょうか。主に以下の3つが挙げられると思います。

※参考画像のものはグッスマ製ではありません。

1.黒ずみ・シミ/くすみ

恐らくフィギュアの不具合として一番多くみられる症状だと思います。

黒ずみとは、製作工程上ついたと思われる数ミリ程度の黒い斑点上の汚れです。パーツの部位・箇所は問いません。

シミ・くすみは灰色に近い斑点上の汚れ。脱色しているとも言えるかも。

 

どちらも大した大きさではありませんが、顔などの重要パーツ・目立つ箇所に見つかった場合は交換を打診したほうがいいでしょう。

また交換依頼にあたって、水で濡らしたティッシュで拭くなどして取れない汚れであることを確認しておく必要があります。その際、破損にはくれぐれもご注意を。

 

ただ、本当によく見られるものなので不具合というよりは仕様に近いものだと思ったほうが賢明です。経験はありませんが、特に目立つ場所でなければ個体差として処理されてしまう可能性があります。

色移り・塗装ズレ

もちろん、他パーツの塗装ズレや色移りなども不具合に含まれます。

 

2.塗装剥げ

塗装が剥げ、下地が見えてしまっている状態です。明らかな不具合ですので交換依頼をしましょう。

この時、企業によっては再塗装を提案してくるところもありますが、それが嫌という方は交換を強く希望してみてください。場合によっては聞き入れてくれるはずです。

3.パーツの破損・傷

 

 

この傷は光の加減によって見えたり見えなかったりしますが、私は無視できなかったので交換に出しました。

 

パーツが折れていたり、傷がついていたりすることもあります。こちらも微細でなければ即交換案件ですね。


実例

ここからは私の体験をもとに実例を紹介しようと思います。

 

2017年9月に購入したこちらのカミラ(レビューはこちら)。私自身初めてのスケールフィギュアだったこともあってワクワクしていました。

が、鑑賞しているうちに気になる点がいくつか出てきました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

気になったポイント
  1. 手の甲の傷
  2. 髪のささくれ
  3. 顔のくすみ

 

1,2はまだ個体差として仕方ないのかとも思ったけど、フィギュアの命である顔の不備はさすがに許容できない。悩んだ末、交換依頼を出してみることに。

 

依頼メール作成~交換品到着まで

まずはグッドスマイルカンパニーにアクセス。サイト画面下部にある「カスタマーサポート」をクリック。

カスタマーサポートをクリック。

 

次に「商品に関するお問い合わせ」をクリック。

 

 

すると、問い合わせフォームのページが出てくるのでこちらに必要事項を記入していきます。

問い合わせフォーム

 

住所や電話番号の入力を済ませたら、「お問い合わせ内容」の箇所に商品の不具合を記入していきましょう。

相手に伝わりさえば良いので、肩肘張らずに問題点をピックアップすれば良いと思います。

 

実際に送ったメール

以下、私が実際に送った内容です。拙い文章なのでお見せするのも恥ずかしいですが…。

交換依頼メール

はじめまして、○○と申します。先日、上記の商品を購入し、飾っておりましたところ、何点か不具合ではないかと思われる箇所が散見されたので連絡させていただきました。

 

※添付画像内の当該箇所は赤い丸で囲っています。画像の不鮮明さはご容赦ください。

 

まず、右手の甲に傷?のようなものが見られます(添付画像1参照)。
次に、髪の部分が少し削れ、ささくれたようになっています(添付画像2参照)。

 

そして、これが最も気になった点ですが、目の少し下にほくろのようなシミ(またはくすみ?)がありました。汚れかごみが付着したと思って、こすったり拭いたりしてみましたが、取れませんでした。

 

私はねんどろいどなどの購入経験はあるのですが、こういったスケールフィギュアは初めてで、正直なところどこまでが不具合として認められるのかは把握しておりません。

 

画像1や2などはもしかしたら許容誤差として片付けられる程度のものかもしれませんが、フィギュアの命とも言える顔パーツに瑕疵があるというのは、さすがに許容できるものではありません。

フィギュアの性質上、個体差が出てしまうのは承知の上ですし、仕方ないことだとは思います。しかし、決して安くはない買い物なのですから、完璧とまではいかなくとも、せめて顔くらいは……。

 

いずれにせよ、私では不具合か否かの判断ができかねますので、現物を送りたいと考えているのですが、いかがでしょうか。良いお返事を期待しております。

 

不具合箇所をざっと説明して、交換したい旨を伝えましょう。

当然画像は添付すべきですが、パッと見で不具合がわかるように当該箇所をで囲ってやるなりしてあげた方が助かると思います(私もそうしました)。

 

商品名は上の欄に入力しているはずなのでここには書かなくても大丈夫でしょう。

 

ポイント
大事なのは、あくまで低身低頭であること!相手の機嫌を損ねることなく、丁寧かつ的確な文章を書くべし!!!

 

 

程なくして内容確認メールが届きます。これはメール受け取ったよっていうただそれだけのものなので気にしなくていいです。

私の場合、翌日の夜には返信が来ました。以下抜粋。

グッドスマイルカンパニー

弊社にて一度商品を拝見いたしまして、より良い商品との交換対応させていただきます。お手数ではございますが、下記、弊社カスタマーサポート係あてに商品または該当パーツを料金着払いにてお送り頂けますようお願い申し上げます。(中略)

 

なお、交換品につきましては再度の不良が無きよう、パッケージ・ブリスター等開封検品いたしました商品との交換をさせていただいております。

 

また、交換対応が現在混み合っております。申し訳ございませんが交換品のご返送までに少々お時間をいただいておりますこと何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

送料着払いでブツを送ってくれとのこと。早速翌日に送った私ですが、混みあってるらしいし、しばらく戻ってはこんなと思っていたわけです。

 

ところが、そこは天下のグッドスマイルカンパニー。翌々日くらいには発送され、結局依頼メールを出してからわずか4日で手元戻ってきました。すげえ。さすがグッスマ。

 

届いた交換品を確認、異常はなし。この時点で一連の依頼は完了したことになります。ですが、余裕があったら受け取り&感謝のメールを送ったほうが良いかもしれませんね。またお世話になるかもしれませんから。

 

交換依頼フローチャート

交換依頼フローチャート グッスマ編

5-A.交換品が不良品の場合、再度メールを送る。問い合わせフォームを使う必要はない。

 

不安のある方は3と4の間で商品発送完了メールを送っても良いと思います。そちらの方が親切ですしね。

 

注意事項・マナーについて

交換対応は在庫がなくなり次第終了となりますので、発売から1年以上経ったものはあまり期待できないかもしれません。

フィギュアを購入したら、直ちに確認するよう心掛けましょう。

 

また、交換品は検品のため一度開封されることをお忘れなく。

梱包は自分が商品を購入した時の緩衝材や段ボールを使いまわせばOKです。丁寧とまでいかなくとも、配送の際に破損しない程度には気を遣いましょう。

 

運送会社はヤマト・佐川・郵便等、自分の都合に合うもので結構です。私はヤマトで送りました。

あと当たり前ですが、保証のある配達方法で送りましょう。

 

交換対応される方も人間なので、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

 

客だから何してもいいという勘違い野郎も世の中にたくさんいますが、相手の機嫌を損ねて十分なサービスが受けられなくなるリスクは念頭に置くべきですし、お互い気持ちよく終わるのが一番ですからね。今後もお世話になるかもしれないのですから。

 

万一再度不良品にあたったら

ちなみに、交換品がまたまた不良品だった、なんてこともあります。

 

上記の手順をもう一度繰り返します。

「お送りいただいた交換用の個体ですが…」と書き出して同じように不具合箇所を見せてあげましょう。最後まで油断しないように。

 

私は他社のフィギュアで経験したことがありますが、やり取りだけでホントに疲れます。グッスマさんはこの時の対応が迅速だったので今でも信頼していますが…。

 

電話とメールどっち?

文章で伝えるのが難しければ電話でも良いと思いますが、私のようにコミュ障な人は絶対メールのほうが良いです。

 

メールでも不具合箇所は伝わりますし、どうせ画像は送らないといけませんし。

電話だと考えがまとまらない可能性がある上、リアルタイムで行われる会話ですから感情的になりかねません。

ケースバイケースなのは言うまでもありませんが、メールでも十分迅速な対応をしてくれるはずですよ。

 

まとめ

フィギュアに個体差はつきものですが、せっかく高いお金を出して買ったわけですからちゃんと自分が納得できる個体に出会いたいですよね。

思い入れの強いキャラならなおさらです。

 

「でも交換依頼とかメンドクサそうだし…。」

 

いやいや、確かに多少手間はかかります。ですが、断言します。

 

少しでもおかしいと思ったり、不満に感じているなら絶対に問い合わせるべきです。

 

私自身、ものぐさかつ臆病な人間なので問い合わせとか基本しません。自分の望む結果にならなかったらどうしよう…なんて考えてしまいますので。

 

ですがフィギュアなど高価なもの、こだわりがあるものに関しては別

 

フィギュアは一種のインテリアです。

 

たまにじっくり眺めたりしますが、その度に欠陥部分がチラチラ見えたら嫌じゃないですか?

余計なことを考えずに楽しみたいじゃないですか。

 

基本的に高いお金を払っているんです、何が悲しくて「でも俺の欠陥品なんだよな…」って思わにゃならんのですか。

 

消費者として文句をつける権利は誰にだってあります。正当な言い分であれば、企業も聞き入れてくれます。大事な顧客ですから。

 

ただそれでも、グッスマさん側で対応される方も人間ですから、最低限の礼儀礼節はわきまえた上で依頼しましょう。良き顧客が良き企業を造り、育むのです。

 

コメントを残す