ゼノブレイド2 オフィシャルアートワークス アルスト・レコード レビュー

「ゼノブレイド2 オフィシャルアートワークス アルスト・レコード」がいよいよ発売されましたね。A4判かつ300ページを超える資料集で一気読みするのがキツイくらいのボリュームがあります。

 

商品情報
発売日:2月12日
価格:3,132円
サイズ:A4(寸法:29.6 x 21 x 2 cm)
ページ数:352ページ
出版:KADOKAWA

 

カバーイラスト

【表紙】

齋藤将嗣さんの描きおろし表紙です。冒険を終えてリラックスしたところを描いたそうです。

 

【裏表紙】

各巨神獣の意匠ですね。

 

カバーを外すと…?

 

こちらはCHOCOさん描きおろしのイラスト。ルクスリアの廃墟での休息をイメージしているらしいです。

 

珠玉のイラスト集

 

フィギュアのパッケージ絵も掲載されています。大きなイラストで見たかったのでこれは嬉しい。ヒカリのフィギュア発売も待ち遠しいです。

 

 

じっちゃんの初期案にも一言コメントが載ってますね。ただじっちゃんに限らず、没イラストを見ているとやはりマスターアップされたものが一番だと感じます。

イラストレーターさんとモノリススタッフさん達の努力の甲斐あって魅力あるキャラクターが出来上がっていったのだと、しみじみ思います。

設定資料としては…?

あくまで「アートワークス」なのでイラストの紹介やキャラクター原案等が中心です。未公開設定もあるにはあるのですが、それだけを期待して買うと肩透かしをくらうことになるでしょう。

ブレイド紹介ページでは齋藤さんはじめ野村さんやゲストイラストレーターさんのコメントが掲載されており、制作秘話のようなエピソードが収録されています。
ラフ絵や没絵等様々な資料が見れて楽しい反面、書き込まれている文字が縮小され非常に読みづらいのが難点ですね。
キャラクターの武器や小物の設定画も豊富にあり、イラストを描かれる方には非常に参考になる資料ばかりだと思います。

ドライバーやブレイド個別の資料ページにはストーリー上の役目や、ブレイドクエストのまとめがキャラクター説明として書かれており、ゲームを未クリアまたはクエスト未完了のプレイヤーにはネタバレ要素となるためオススメできないかも。
また、キャラクター毎の好物等も掲載されているのでほんの少しですが攻略本的な要素があります。

齋藤さんがデザインされたキャラクター等、コレクターズエディション付属のビジュアルブックと一部内容が重複するものがあります(表情差分等々)。

その他の資料

アルスト文字とアルファベットの対比表や、キャラクターの身長差対比表などもあって非常に興味深い。

少し驚いたのがラウラやカスミ(ファン)が意外とデカかったということ。表によると170㎝くらいに見えるけど、俺よりデカいわww(自分がチビなだけ><)カグツチさんはみるからに高そうだったから別にいいわ。
あとアーケディア人の平均身長高すぎませんかねえ。オランダ人かよ。

結論:イラスト用の資料集

イラスト集としてはファンなら満足がいくものに仕上がっているとは思います。設定資料集としての側面はいずれ出るであろうそれ用の本に期待しましょう。

定価は3,132円とお高めに感じるかもしれませんが、1ページ辺り10円もしないと考えればむしろ安い!…と思う。だってこれだけ素晴らしいイラストが詰め込まれているんですから、これ以上安くするのは失礼ってもんですよ。

発売直後で定価で買えるうちに買っておきましょう。最近は本のプレミア化も減ってきた気がするけど、ゼノ2関連のグッズっていつも品薄に喘いでいるからどうなるかわかりませんね。

 

 

番外:A4判のカバーについて

大事な本は大切に使いたいものですよね。長く保存するためには保存用を買うブックカバーが大事になってくるかと思いますが、A4判かつ300ページ超の本だとAmazonで手に入るようなコンサイスのものだと小さいかと思います(実際失敗したことがある)。

埼玉福祉会製造のA4ビニールカバーに入れるとこんな感じになりました。

窮屈な感じはありませんが、これで結構ギリギリなサイズでした。「アルスト・レコード」の厚さは2㎝ほどですが、カバーを探す時はある程度余裕を持ったサイズを見つける必要がありますね。

 

コメントを残す